手続き代行/変更手数料・キャンセル料無料の留学エージェント スタブロ

中規模な学校

  • スペイン・セビリア

    Enforex Sevilla

    エンフォレックス セビリア校

    1989年に創立されたスペイン語圏最大の語学学校グループで、現在はスペイン国内に12校、中南米10ヶ国に21校の校舎を展開しており、毎年世界52ヶ国から3万5千人以上もの学生を受け入れています。

    スペイン語で快適なコミュニケーションを図り、スペイン語で自身の考えを他人に理解してもらえることをゴールとしているエンフォレックスの教育プログラムでは、スパ隠語習得に不可欠な要素である文法や読解、筆記、リスニング、会話がカリキュラムに含まれています。また、コミュニケーションを円滑にするべく、その国の文化を学ぶよう推奨しており、映画、文学、テレビ、新聞、音楽、ダンス等などから学ぶ週5回の文化レッスンが含まれたコースも設けています。さらに、スペイン語+αのコースも多数用意されているので、フラメンコや料理など学ぶことも可能です。スペイン語中級以上向けには、ビジネス分野でのスペイン語を学べるコースや、インターンシップ・ボランティアに参加できるプログラムなども用意されているので、初心者~上級者までしっかりと学ぶことができます。

    欧米のほとんどの語学学校はクリスマスやイースターの時期は休校していますが、エンフォレックスでは祝祭日以外は開講しているので、スペインの多彩なお祭りやイベントの開催期間中に特別アクティビティへ参加することも可能です。さらに、都市によって魅力がそれぞれ異なるスペインを満喫されたい方は、「転校制度」を利用することも可能です。

  • スペイン・バレンシア

    Enforex Valencia

    エンフォレックス バレンシア校

    1989年に創立されたスペイン語圏最大の語学学校グループで、現在はスペイン国内に12校、中南米10ヶ国に21校の校舎を展開しており、毎年世界52ヶ国から3万5千人以上もの学生を受け入れています。

    スペイン語で快適なコミュニケーションを図り、スペイン語で自身の考えを他人に理解してもらえることをゴールとしているエンフォレックスの教育プログラムでは、スパ隠語習得に不可欠な要素である文法や読解、筆記、リスニング、会話がカリキュラムに含まれています。また、コミュニケーションを円滑にするべく、その国の文化を学ぶよう推奨しており、映画、文学、テレビ、新聞、音楽、ダンス等などから学ぶ週5回の文化レッスンが含まれたコースも設けています。さらに、スペイン語+αのコースも多数用意されているので、フラメンコや料理など学ぶことも可能です。スペイン語中級以上向けには、ビジネス分野でのスペイン語を学べるコースや、インターンシップ・ボランティアに参加できるプログラムなども用意されているので、初心者~上級者までしっかりと学ぶことができます。

    欧米のほとんどの語学学校はクリスマスやイースターの時期は休校していますが、エンフォレックスでは祝祭日以外は開講しているので、スペインの多彩なお祭りやイベントの開催期間中に特別アクティビティへ参加することも可能です。さらに、都市によって魅力がそれぞれ異なるスペインを満喫されたい方は、「転校制度」を利用することも可能です。

  • スペイン・マラガ

    Enforex Malaga

    エンフォレックス マラガ校

    1989年に創立されたスペイン語圏最大の語学学校グループで、現在はスペイン国内に12校、中南米10ヶ国に21校の校舎を展開しており、毎年世界52ヶ国から3万5千人以上もの学生を受け入れています。

    スペイン語で快適なコミュニケーションを図り、スペイン語で自身の考えを他人に理解してもらえることをゴールとしているエンフォレックスの教育プログラムでは、スパ隠語習得に不可欠な要素である文法や読解、筆記、リスニング、会話がカリキュラムに含まれています。また、コミュニケーションを円滑にするべく、その国の文化を学ぶよう推奨しており、映画、文学、テレビ、新聞、音楽、ダンス等などから学ぶ週5回の文化レッスンが含まれたコースも設けています。さらに、スペイン語+αのコースも多数用意されているので、フラメンコや料理など学ぶことも可能です。スペイン語中級以上向けには、ビジネス分野でのスペイン語を学べるコースや、インターンシップ・ボランティアに参加できるプログラムなども用意されているので、初心者~上級者までしっかりと学ぶことができます。

    欧米のほとんどの語学学校はクリスマスやイースターの時期は休校していますが、エンフォレックスでは祝祭日以外は開講しているので、スペインの多彩なお祭りやイベントの開催期間中に特別アクティビティへ参加することも可能です。さらに、都市によって魅力がそれぞれ異なるスペインを満喫されたい方は、「転校制度」を利用することも可能です。

  • スペイン・グラナダ

    Enforex Granada

    エンフォレックス グラナダ校

    1989年に創立されたスペイン語圏最大の語学学校グループで、現在はスペイン国内に12校、中南米10ヶ国に21校の校舎を展開しており、毎年世界52ヶ国から3万5千人以上もの学生を受け入れています。

    スペイン語で快適なコミュニケーションを図り、スペイン語で自身の考えを他人に理解してもらえることをゴールとしているエンフォレックスの教育プログラムでは、スパ隠語習得に不可欠な要素である文法や読解、筆記、リスニング、会話がカリキュラムに含まれています。また、コミュニケーションを円滑にするべく、その国の文化を学ぶよう推奨しており、映画、文学、テレビ、新聞、音楽、ダンス等などから学ぶ週5回の文化レッスンが含まれたコースも設けています。さらに、スペイン語+αのコースも多数用意されているので、フラメンコや料理など学ぶことも可能です。スペイン語中級以上向けには、ビジネス分野でのスペイン語を学べるコースや、インターンシップ・ボランティアに参加できるプログラムなども用意されているので、初心者~上級者までしっかりと学ぶことができます。

    欧米のほとんどの語学学校はクリスマスやイースターの時期は休校していますが、エンフォレックスでは祝祭日以外は開講しているので、スペインの多彩なお祭りやイベントの開催期間中に特別アクティビティへ参加することも可能です。さらに、都市によって魅力がそれぞれ異なるスペインを満喫されたい方は、「転校制度」を利用することも可能です。

  • スペイン・バレンシア

    don Quijote Valencia

    ドン・キホーテ バレンシア校

    1986年に創立されたスペイン語圏最大の語学学校グループで、現在はスペイン国内に10校、中南米11ヶ国に20校の校舎を展開しており、毎年世界85ヶ国から2万5千人以上もの学生を受け入れています。

    スペイン語を「学問」として捉えているドンキホーテでは、「読む」「書く」「話す」「聞く」の基本4技能をバランス良く学ぶのと同時に、スペイン語の知識を深められるようカリキュラムが組まれており、クラスも3人~8人の少人数制となっているので、落ち着いた雰囲気の中で学ぶことができます。

    また、「文法を勉強し暗記をすることがけが言語を学ぶことではない」と考えるドンキホーテでは、各校舎ごとにその土地ならではの豊富なアクティビティを用意しています。週末には近隣都市への遠足にも参加することが可能なので、スペイン語の勉強だけではなく文化を十分に体感することもできます。さらに、都市によって魅力がそれぞれ異なるスペインを満喫されたい方は、「転校制度」を利用することも可能です。

  • スペイン・サラマンカ

    don Quijote Salamanca

    ドン・キホーテ サラマンカ校

    1986年に創立されたスペイン語圏最大の語学学校グループで、現在はスペイン国内に10校、中南米11ヶ国に20校の校舎を展開しており、毎年世界85ヶ国から2万5千人以上もの学生を受け入れています。

    スペイン語を「学問」として捉えているドンキホーテでは、「読む」「書く」「話す」「聞く」の基本4技能をバランス良く学ぶのと同時に、スペイン語の知識を深められるようカリキュラムが組まれており、クラスも3人~8人の少人数制となっているので、落ち着いた雰囲気の中で学ぶことができます。

    また、「文法を勉強し暗記をすることがけが言語を学ぶことではない」と考えるドンキホーテでは、各校舎ごとにその土地ならではの豊富なアクティビティを用意しています。週末には近隣都市への遠足にも参加することが可能なので、スペイン語の勉強だけではなく文化を十分に体感することもできます。さらに、都市によって魅力がそれぞれ異なるスペインを満喫されたい方は、「転校制度」を利用することも可能です。

  • アイルランド・ダブリン

    ICOT College Dublin

    アイコット・カレッジ・ダブリン

    2010年に設立されたICOT College Dublinは、首都・ダブリン中心部に2校舎を構えており、周辺は公共交通機関が充実しているので、ダブリン市内のどこからでも通学が便利な環境です。設立されてからの年数は少ないものの、授業の質や学習環境、サポート体制などは、アイルランドの政府機関に高く評価されています。

    ICOT College Dublinは、南米からの留学生が圧倒的に多いので、明るく、楽しいアットホームな雰囲気の学校ですが、日本からの学生は1%以下と非常に少なく、さらに一般英語やIELTS、マンツーマンレッスンなどの各コースでは6段階でクラス分けが行われるので、自分の英語力にあった授業を受けながら、英語漬けの環境に身を置くことが可能です。

    定期的に開催されるパーティーや映画鑑賞クラブなどのアクティビティの他、毎日開催されているフリークラスでは、英語のレッスンやスペイン語・フランス語・ドイツ語など様々な言語を学ぶことができる外国語クラスなどもあるので、ヨーロッパ旅行などで役立てることもできます。

  • ニュージーランド・ウェリントン

    New Zealand Language Centres Wellington

    ニュージーランドランゲージセンター ウェリントン校

    1984年に設立されたNZLC(New Zealand Language Centres)は、ニュージーランド最大規模の語学学校で、30年以上の経験から培ったノウハウを生かした授業の質はニュージーランド政府にも認められており、過去には何度も南半球語学学校部門最優秀賞を受賞した経歴もあります。年間平均500名程の学生が世界25か国以上からNZLCへ学びにやってきますが、日本人の割合は意外と少なく、クラスも細かくレベル分けされるので、自分に合ったレベルでコースをスタートすることが可能です。

    一般英語だけでなく、ビジネス英語や各種英語の試験対策コース、英語講師養成コースなど、大規模校ならではの多種多様なコースを提供しており、特にIELTSの対策コースは、他の教育機関よりも早くポイントを上げられる効果があることから、とても人気があります。

    ワーキングホリデービザや学生ビザで仕事を探している学生を対象にアルバイト探しのサポートや、毎週金曜日の放課後に開催されるTOEICの対策コースも無料で参加することが可能です。また、アクティビティも専任のスタッフが学生それぞれのニーズに合わせられるよう工夫をしており、キャンパス付近の市内観光やスポーツアクティビティはもちろん、なるべく現地の人とのかかわりを持てるよう、ボランティアなどを行ったりもします。

  • スペイン・マラガ

    Malaca Instituto

    マラカ・インスティテュート

    1971年に設立されたMalaca Institutoは、スペインにある語学学校の中でも歴史ある学校の一つで、45年以上の経験とノウハウを活かした授業の質は様々な認定機関や団体に高く評価されています。スペイン南部の港町・マラガの旧市街からバスで15分ほどの閑静な住宅街にありますが、学校施設内にはレストランやバル、プール、スポーツジムなどが備えられているので、快適に過ごすことができます。

    一般スペイン語コースでは、スペイン文化などをトピックにしながら、「読む」「書く」「話す」「聞く」の4つのスキルを重点的にスキルアップを図るため、スペインという国で使えるスペイン語やコミュニケーション能力を培うことができます。また、初心者からも参加が可能なスペイン料理やダンスを学べるコースや、中級者向けのビジネススペイン語コース、上級者向けのインターンシッププログラムなど、学生のニーズに応えるべく、様々なプログラムを用意しているので、初心者から上級者まで自分のペースに合わせながら、興味のある分野を学ぶことが可能です。

    放課後や週末に実施されるアクティビティでは、学生たちがマラガやアンダルシア地方の魅力を感じられるように、マラガ市内の文化的行事や市内観光はもちろん、グラナダやコルドバなどへの遠足なども用意されています。
    さらに、スペイン料理教室やタパス巡りなどもあるので、大人も楽しんで参加することが可能です。学校の受付も365日24時間空いているので、万が一のことがあっても安心です。

  • マルタ・スリーマ

    NSTS English Language Institute

    エヌエスティーエス・イングリッシュランゲージインスティテゥート

    1963年にマルタ国立大学付属の語学学校として設立されたNSTSは、マルタ国内で最も歴史ある伝統校です。現在は大学から独立していますが、50年以上の英語指導経験で培われた質の高い授業は、様々な認定機関や団体に高く評価されています。

    一般英語コースをはじめ、多種多様なコースを開講しているので、初心者から上級者まで幅広いニーズに対応することが可能で、いずれのクラスも最大8名までの少人数制なので、教師の目が学生に届きやすく、さらに学生個人の発言機会を多く得ることもできるので、英会話を中心に英語力を伸ばしたい方に人気があります。

    NSTSは静かな住宅街の中にありますが、海に沿って飲食店やお店が建ち並ぶ賑やかなリゾート地・スリーマまでも徒歩15分ほどでアクセスが可能です。さらに、学生たちが滞在中に充実した時間を過ごしてもらえるよう、アクティビティにも工夫を凝らしており、マルタ国内の散策はもちろん、様々なアクティビティを通してマルタの伝統に触れることができます。

  • フィリピン・セブ

    IDEA Cebu

    イデア・セブ校

    2012年に設立された日本資本のIDEA Cebuは、日本の英語事情にマッチングしたカリキュラムを軸とした、セミスパルタ式の学校となっています。平日の外出は毎朝行われる英単語テスト次第にはなりますが、夕方から夜の義務自習までは自由に過ごすことができるので、学校の近くにあるショッピングモールへ出かけたりして空き時間を楽しむこともできます。さらに、IDEA Cebuで提供される食事は、日本食トレーニングを受けた調理人が栄養バランスや日本人好みの味付けを考慮して作られているので、食事面に不安を抱く方も安心して留学生活を送ることが可能です。

    弱点の補強、得意な点の強化等様々なニーズに対応する事が可能なマンツーマン授業に加え、ロールプレイングやディベートで実践的な練習を行う少人数グループ授業、英語で興味や弱点に合わせて学べる実践英語ACT授業で1日のカリキュラムが構成されており、「読む・書く・話す・聞く」の4技能をバランス良く学びながらも、スピーキング強化を最重要ポイントとして位置付けているので、いずれの分野でもインプットとアウトプットを繰り返し、スピーキング能力を効果的に引き出すよう授業が行われます。

    特に実践英語ACT授業はIDEA Cebuのもっとも特徴的な授業の一つで、「アクティビティ科目」または「プラクティス科目」から自由に選択することが可能です。アクティビティ科目では、ヨガやダンス、映画などを通して英語力の強化を図り、プラクティス科目では、TOEIC対策やプレゼンテーション、時事英語などを通して専門的・実務的な英語力の強化を図ります。また、より早く英語力を向上させるために、ボキャブラリー強化の一環として毎回授業の終わりに15個の単語リストが渡され、翌朝にテストが実施されます。

  • フィリピン・セブ

    IDEA Academia

    イデア・アカデミア校

    自分に合わせて学べる自由度の高い授業と、まるでカフェにいるかのようなお洒落な施設が特徴のIDEA Academiaは、IDEA Cebuの姉妹校として2015年に開講し、韓国や中国、台湾などからも学生が学びに来る、比較的国際色が豊かな学校です。

    一般英語や試験対策、ビジネス英語コースなどを多彩なコースを提供しており、いずれのコースもPREP法(英語圏や主にビジネスシーンで用いられる発話法)とアクティブリスニング(コミュニケーションを円滑に進めていくためのテクニック)の2つのテクニックをベースに授業が展開されています。

    ESLコースでは、1日3コマ~8コマのコースからコマ数を選択することも可能なので、自身のスケジュールやライフスタイルに合わせてフレキシブルに授業を組むことができますが、基本的にはマンツーマン授業、小グループ授業、大グループ授業で授業が行われます。小グループ授業では、初級~中級者はConversation、上級者はDiscussionと分かれて授業が行われますが、大グループ授業では、様々なシチュエーションに応じたロールプレイング形式の授業や映画やマガジンなどを利用した英語の授業、ヨガやダンスなどから選択することができるので、英語レベルや興味に合わせて学ぶことも可能です。さらに、リスニングや発音に特化した毎朝30分行われる脳トレの授業や、授業の復習などを行うNight Classもにも自由に参加することが可能です。

  • フィリピン・セブ

    EV English Academy

    イーブイ・イングリッシュアカデミー

    2004年に設立されたEV English Academyは、セブのスパルタ学校の中で最も厳しく、最大敷地面積を持つ学校で有名です。スパルタ式と言っても勉強漬けの生活に浸る通常のものとは異なり、学生それぞれが自分自身の目標を常に意識し、勉強に専念できるよう、10年以上の経験に基づいた英語教育のノウハウが詰め込まれているので、短期間で集中的に英語力を伸ばすことが可能となっています。

    学生のニーズに応えるべく、一般英語や試験対策、ビジネス英語コースなどを多彩なコースを開講していますが、実践的な英語力は、学生のレベルに合わせすぎてしまうマンツーマン授業を多くすることよりも、競争心や積極性を養うことができるグループ授業を取り入れることで、より効果を高めることができると考えるEV English Academyでは、どのコースを選んでもマンツーマン授業4コマ、小グループ授業2コマ、大グループ授業2コマと時間割が決められています。また、任意ではありますが、朝食後の単語テストと夕方の文章テストを毎日受けることができるので、英語力がどれほど身についているのか進捗を確認することが可能です。

    学生たちが充実したキャンパスライフを送れるように、スポーツジム・プールなどのスポーツ施設や、映画・ビリヤードなどの娯楽施設を備えており、週末も学生が安心して過ごせるように、セブ市内やセブ近隣の観光情報を提供したり、交通機関やホテルの予約手配なども承っています。さらに、定期的にボランティア活動も主催しているので、地元の人たちとと交流することも可能です。

  • フィリピン・バコロド

    E-Room Language Center

    イールーム・ランゲージセンター

    2005年に設立されたE-Room Language Centerは、フィリピンの首都・マニラから飛行機で約1時間ほどの距離にある、「微笑みの街」という異名を持つバコロドという都市にあります。学生の自主性に任せた自由な校風が魅力の語学学校で、学校はリゾートホテルと一体となっているため、プールや庭園、お洒落なカフェテリアなどを利用することも可能です。

    マンツーマン授業は、1日5時間~8時間のコースからコマ数を選択することができ、マンツーマン授業の特徴を活かして、学生それぞれの弱点に焦点を当てた授業が行われます。また、午後に行われるグループレッスンでは、同じレベルの学生とマンツーマンレッスンで扱った内容の全般的な活用を学ぶことで、競争心や積極性を養いながら英語学習効果を高めることができます。さらに、定期的にレベル別のディベート大会も開催されるので、身につけた会話力を実際に試すだけではなく、慣れない英語の文献を読んだり探すことで、全体的なプレゼンテーションスキルの向上を図ることができます。

  • フィリピン・イロイロ

    C&C Language Center

    シーアンドシー・ランゲージセンター

    2003年に設立されたC&C Language Centerは、フィリピンの首都・マニラから飛行機で約1時間ほどのイロイロという島にあります。地元でも有名なリゾート施設の敷地内にあるイロイロ最大規模の歴史ある語学学校で、敷地内は24時間体制で警備員が巡回しているので、セキュリティ体制も万全です。学生が思う存分学習できるように、自習室も24時間開放しており、さらに、施設内にあるプールやレストランなどを利用することもできるので、 勉強の合間の気分転換にもなります。

    フィリピンでは珍しく、日本からの学生が少なく、韓国・中国・ベトナム・台湾など比較的国際色が豊かな学校で、学生が集中して学習できるよう、厳格な出欠管理・門限管理が行われています。また、「上達のノウハウはできるだけ多く話すこと」という考えの下、学生が24時間英語を使用する環境を作るために、チューターが学生と共に生活します。

    英語と一緒に韓国語や中国語を学ぶコースも開講しているので、選択枠の広さも人気の一つとなっていますが、特にTOEICのコースは圧倒的な実績を誇っており、TOEIC点数保証制度もあることから、TOEIC対策のために来る学生が多いです。

  • アメリカ・ハワイ

    Intercultural Communications College

    インターカルチュラルコミュニケーションズカレッジ

    1990年に設立されたICCは、ワイキキビーチなどの観光地エリアではなく、現地の人々が行き交うビジネス街に位置しているので、落ち着いた環境で英語を学びたい学生に人気の学校です。

    学生それぞれの目標や夢をサポートするために、多種多様なコースを提供しており、特に、世界中で1万を超える企業や大学から英語力の証明として評価されいているケンブリッジ英検の対策コースは、「ハワイ州ナンバー1」と言われるほどの高い合格率を誇ります。また、コミュニケーションを通じて、楽しく英語を練習し上達を図るコミュニケーション英語のコースもその質の高さは政府公的機関の公認です。

    また、ICCハワイでは、世界の語学学校の中でも数少ない50歳以上向けの専用コースを設けており、同世代の学生とゆったりとしたペースで英語を学びたいと考えている大人にも人気があります。

    滞在先はホームステイとコンドミニアムの2つを提供しており、ホームステイの受け入れ先となるホストファミリーは、安全性と快適性の両面で学生の受け入れに適しているか事前に審査が行われ、さらに万一の事態に備え、ICCのスタッフが24時間体制でサポートをしているので、安心してご利用いただけます。ワイキキビーチから徒歩10分ほどに位置しているコンドミニアムも1フロアを全てICCが管理しており、ICCの学生専用フロアとなるので、観光客など他のお客さんを気にすることなく滞在が可能です。

  • ニュージーランド・オークランド

    Worldwide School of English

    ワールドワイド・スクール・オブ・イングリッシュ

    1989年に設立されたワールドワイドスクールでは、学生に国際的な英語力をつけてもらうべく、英語を母国語とするニュージーランド、オーストラリア、アメリカ、イギリス、カナダ、南アフリカ出身の教師を揃えています。また、英語の上達を促進するため、国籍比率が偏らないように調整を行っているので、様々な国の学生と会話をする機会があります。

    授業の内容は、各レベルに合わせた独自のカリキュラムを提供しており、教科書だけではなく、ビデオや雑誌、新聞なども利用して幅広く英語を学ぶことができるように工夫がされています。一般英語コースだけでなく、ファームステイやインターンシップ、オーペアなど様々なプログラムが用意されているので、自分の目標に合ったプログラムを組み合わせることが可能です。特に英語+フライトアテンダントコースやトラベル&ツーリズム、ホテルマネジメントは大学生などに非常に人気があります。

    ニュージーランドならではの体験ができるよう、放課後や週末のアクティビティーも盛んに行われており、その種類もバラエティに富んでいます。また、日本人スタッフも常勤しているので、何か困ったことや進路相談などもすることが可能です。

  • カナダ・トロント

    Quest Language Studies

    クエストランゲージスタディーズ

    1997年に設立されたQuest Languages Studiesは、一般英語から進学まで幅広いニーズに合う良質な英語プログラムを提供している語学学校です。

    午前の授業では、英語基礎スキル全般の発達に焦点を当てた総合トレーニング。午後の授業では、学生それぞれの学習ニーズに応じて選択ができるワークショップまたは集中コースとなります。ワークショップでは、スラングや電話を利用する場面での英会話、英文履歴書作成方法などの多種多様なトピックが用意されており、集中コースでは、TOEFLやCambridgeなどの進学に向けた各種試験準備対策や、国際ビジネス、ホスピタリティ英語などのコースが用意されているので、初心者から上級者まで自分のペースに合わせて学ぶことが可能です。

    また、受講レッスン数に関係なく、誰でも好きな期間だけ追加できる英語強化セッションや、カナダ人ネイティブスピーカーからカナダの文化や生活習慣について学び、友人として交流することができるチャットバディシステムなど、学生たちが楽しい雰囲気の中でも英会話力をさらにアップできるようなカリキュラムとなっています。

    放課後や週末に実施されるアクティビティでは、学生がエキサイティングで楽しい経験をしてもらえるように、トロント市内の文化的行事や市内観光はもちろん、国境を越えてニューヨークやシカゴ、ボストンへのツアー旅行なども用意されています。また、スポーツクラブ(サッカー、野球、バスケットボールなど)も学校にあるので、好きなスポーツを通じて、他のクラスの学生とも交流ができます。

  • カナダ・トロント

    Royal Canadian Institute of International Studies

    ロイヤル・カナディアン・インスティテュート・オブ・インターナショナル・スタディーズ

    1999年に設立されたRCIISは、発音矯正やビジネス英語のプログラムに定評のある語学学校で、Best School of Toronto, Best Speaking of Toronto, Best Teacher of Torontoなど、これまでに数々の賞を受賞しています。

    少人数制でアットホームな学校ですが、初心者向けの一般英語コースから、日本人の苦手な発音を矯正するコース、カスタマーサービス分野での仕事で使えるスキルや会話力を身につけるコースなど、幅広いコースを提供しており、「実践こそ全て」というモットーのもと、聞いているだけの受け身授業スタイルではなく、とにかく積極的に発言し実践する機会が多く持てるよう、工夫が凝らされています。講師陣も全員がアジアでの英語指導経験があり、日本人の長所と短所を熟知しているので、一人ひとりが理解できるまで丁寧に指導してくれます。

  • アメリカ・ニューヨーク

    ILSC – New York

    アイエルエスシー・ニューヨーク校

    1991年に設立された北米最大級の語学学校グループで、現在は世界4か国9キャンパスを展開しています。学生それぞれのニーズや興味のある分野で語学スキルを伸ばし、異なる価値観や習慣、文化、感受性への理解を深めることを目的としていることから、他の語学学校のカリキュラムとは異なり、授業は全て選択科目となっています。

    自分の英語レベルに応じて、豊富なプログラムとコースの中から、興味のあることや目標、集中して勉強したいことものなどを組み合わせて学習スケジュールを計画することができるので、自分に合ったオーダーメイドカリキュラムを通じて、英語力だけでなくその他の知識も身に着けられます。

    各キャンパスには日本人スタッフが常勤しているので、カリキュラムを組む際の相談や現地での生活相談など、何か不安なことなどあれば、いつでも日本語で相談することが可能です。

    また、ILSCでは授業以外でも英語の勉強法や英語に触れられるよう、アルバイトやお仕事を探す学生のためのJob Club(履歴書の書き方や面接練習など)や、英作文のコツを学ぶライティングクラス、地域のボランティアに参加するアクティビティなど、バラエティー豊かなアクティビティがほぼ毎日用意されています。

1 2 3
icon-arrow-topicon-facebookicon-instagramicon-lineicon-pdficon-twitter